公式Twitterアカウントのフォローをお願いします

【訃報】『釣りキチ三平』漫画家、矢口高雄が膵臓がんで死去

マンガ
©矢口高雄/講談社
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

1973年から10年間『週刊少年マガジン』『月刊少年マガジン』(講談社)で連載され、テレビアニメ化や実写映画化もされた漫画作品『釣りキチ三平』の原作者・矢口高雄が2020年11月20日に膵臓がんで死去したことが、11月25日、矢口の公式Twitterを通じて、次女・かおるが発表した。81歳でした。

スポンサーリンク

『釣りキチ三平』とは

矢口高雄が自身の趣味である釣りの経験を基にした漫画作品。1973年から10年間『週刊少年マガジン』『月刊少年マガジン』(講談社)で連載され、釣りブームを巻き起こした。同作は1980年にテレビアニメ化され、2009年に実写映画化された。

釣りキチ三平(1) (週刊少年マガジンコミックス) | 矢口高雄 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで矢口高雄の釣りキチ三平(1) (週刊少年マガジンコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。