公式Twitterアカウントのフォローをお願いします

Switch版『スーパーマリオ3Dコレクション』におけるゲームキューブのエミュレーションテクノロジー

ゲーム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スーパーマリオ生誕35周年を記念して現在様々なイベントが開催されている。その一つが、Nintendo64にて発売された『スーパーマリオ64』、ゲームキューブにて発売された『スーパーマリオサンシャイン』、そしてNintendo Wiiで発売された『スーパーマリオギャラクシー』の3つが1つになった、Nintendo Switch用ソフト、『スーパーマリオ3Dコレクション』だ。

nintendo35
nintendo35

この過去ハードで発売されたソフトをSwitch上でエミュレーションし、当時さながらの体験を実現させた功労者が、任天堂の子会社でソフトウェアやミドルウェア開発に特化したフランスのNERD(Nintendo European Research and Development)社だ。そんなNERD社が公式サイトにて、特にゲームキューブの『スーパーマリオサンシャイン』のSwitchへの移植について、どのような技術が使われているのかについて公式サイトにて公開した。(NERD社公式ページ

1つ目の技術がゲームキューブのプロセッサのエミュレーションだ。「ニンテンドゲームキューブのMPU(マイクロプロセッサユニット)は古いとはいえ強力であり、Switchのカスタマイズされたプロセッサ上でエミュレートすることは大きなチャレンジあった」という。「フルスピードでゲームを動かすためには様々な最適化を行わなければいけなかった」とのことだ。

2つ目の技術は『スーパーマリオ3Dコレクション』の移植による原作からの改変だ。「改変には16:9レンダリングや、SwitchのJoy-Conに最適化することなどが含まれる」という。ゲームキューブの解像度に比べ、Switchの解像度は相対的に高くなっている。ゲームキューブでレンダリングした解像度を、Switchの解像度にアップサンプリングする工程が必要だ。アップサンプリングとは解像度を増やすことであり、情報量を増やすことであるが、そのためにDeep Learningの技術を利用したという。

最後の技術はゲームキューブとWiiのハードウェアの類似性を活かし、「グラフィクスやサウンドのエミュレーション技術」により、『スーパーマリオギャラクシー』の移植支援を行ったという。

旧世代ハードのソフトを最新の世代に移植するのにも様々な技術が利用されている。

そんな技術を用いて作られた『スーパーマリオ3Dコレクション』は、パッケージ版は2021年3月末までの期間限定生産、ダウンロード版は2021年3月31日までの期間限定発売だ。まだ購入したい人は忘れずに購入しよう。