公式Twitterアカウントのフォローをお願いします

プレイステーション5用アクションRPG『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』ティザーサイト公開

ゲーム
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

スクウェア・エニクスは2020年10月29日、プレイステーション5用アクションRPG『ファイナルファンタジーXVI』(FF16)のメインビジュアル、登場人物、世界観などが公開、あわせてティザーサイトも公開された。

なお次回の大型発表は2021年を予定しているとのことだ。

© SQUARE ENIX CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. LOGO ILLUSTRATION: © 2020 YOSHITAKA AMANO 公式ティザーサイトより引用
スポンサーリンク

概要

クリスタルの加護を受けし大地、「ヴァリスゼア」

本作の舞台はクリスタルの加護を受けし大地、「ヴァリスゼア」。

大地に点在するクリスタルの巨魁「マザークリスタル」。その周囲に満ちるエーテルにより、国は栄え、人々は魔法を使いながら、安息の日々を暮らしていた。各国が巨大なマザークリスタルを所有することでヴァリスゼアの情勢は、均衡が保たれていた。

世界が「黒の一体」に蝕まれるまでは──

公式ティザーサイトより引用

召喚獣を身に宿す者たち「ドミナント」

ヴァリスゼアに存在する最も危険な存在、それが召喚獣。そんな召喚獣を身に宿し自らの身体に喚び降ろす事ができるものを「ドミナント」と呼ぶ。ドミナントは、ある国では王侯貴族として扱われ、また別の国では戦争の道具としてみなされる。

ドミナントして生まれし者はその過酷な運命から逃れることができないのだ。

公式ティザーサイトより引用

マザークリスタルを抱くヴァリスゼアの国々

ヴァリスゼアには、マザークリスタル「ドレイクブレス」を抱くロザリア公国、「ドレイクヘッド」を抱くザンブレク皇国、「ドレイクスパイン」を抱く、ウォールード王国、「ドレイクファング」を抱く、ダルメキア共和国、「ドレイクブレス」をめぐりロザリア公国と対立してきた鉄王国、「ドレイクている」を抱くクリスタル自治領などの様々な国から成っている。

キャラクター

公式ティザーサイトより引用

Clive Rosfield(クライブ・ロズフィールド)

本作の主人公であるクライブ・ロズフィールドは、ロザリア公国の第一王子。15歳。

ロズフィールド大公家の嫡男として誕生。しかし、フェニックスのドミナントとして覚醒せず、その役目は弟のジョシュアが担うことになった。

クライヴは剣の研鑽を積み、御前試合にて実力でナイトの称号を得るまでに。その後、クライヴは正式にジョシュアの盾となり、”フェニックスの祝福”を与えられ、能力の一部を使用可能となった。

やがて彼は大きな悲劇に巻き込まれてしまう。クライヴは、惨劇を引き起こした謎の召喚獣”黒きイフリート”を追う復讐者となる。

Joshua Rosfield(ジョシュア・ロズフィールド)

ジョシュア・ロズフィールドは、ロザリア公国の第二王子にして、クライヴの実弟。10歳。

身に召喚獣フェニックスを宿すドミナント。兄のクライヴを尊敬し、貴族の生まれにもかかわらず、分け隔てなく人に接する気さくさを持つ。武よりも書を好む性格。病弱な自分よりも、兄クライヴがフェニックスを宿すべきだったと考えている。ニンジンが苦手という弱点も。

ジョシュアもまた、クライヴ同様に、大きな悲劇へと巻き込まれてゆく。

Jill Warrick(ジル・ワーリック)

ジル・ワーリックはロズフィールド家に身を寄せる、北部出身の少女。12歳。

北部部族より和平の証としてロザリアに預けられる。クライヴやジョシュアと共に育ち、兄妹のような間柄。礼儀をわきまえ、クライヴやジョシュアを気遣う。

メッセージ

ファイナルファンタジー16のプロデューサー吉田直樹氏、及びディレクター髙井 浩氏がティザーサイトにてメッセージを公開。

プロデューサー 吉田直樹

FINAL FANTASY XVI “プロデューサー” の吉田です。非常に少人数のチームからスタートし、コツコツと積み上げてきた最新作。今回はその一端となるトレーラーをご覧いただきました。リアルタイムカットシーンとバトルシーンで構成された映像はいかがだったでしょうか? 本作はさらなるクオリティアップと共に、最高のゲーム体験とストーリーをお届けすべく、開発一丸となって完成へと突き進んでまいります。次なる大きな情報公開は2021年を予定していますので、今しばらく、アレコレご想像しつつお待ちください!引き続き、FFXIVと同様に、新たなるシリーズ「FFXVI」にもご注目ください!どちらも頑張ります!!

プロデューサー
吉田 直樹

公式ティザーサイトより引用

ディレクター 髙井 浩

「FINAL FANTASY」シリーズ一作目は学生の頃、1ユーザーとしてプレイしました。「FFV」では開発スタッフとして製作者の末席に座らせてもらいました。その後は「FFXI」「FFXIV」とオンラインの「FINAL FANTASY」に携わる事が出来ました。
そして…「FINAL FANTASY XVI」
16作目となるこのタイトルに携われることになり、新たな開発環境の構築から始め、さまざまなチャレンジを行っています。更にはPS5での開発。現在スタッフ一同精魂込めて日々開発を進めています。皆さんの手に取っていただくには今しばらく時間を頂くと思いますが期待してお待ちいただければと思います!

ディレクター
髙井 浩

公式ティザーサイトより引用

公式PV

FINAL FANTASY XVI “AWAKENING”

公式情報

ファイナルファンタジー16ティザーサイト:https://jp.finalfantasyxvi.com/
ファイナルファンタジー16公式PV:https://www.youtube.com/watch?v=CUY9beBLIKM
ファイナルファンタジー16公式Twitter:@FF16_JP
ファイナルファンタジー16公式Instagram : https://www.instagram.com/finalfantasyxvi/
ファイナルファンタジー16公式Facebook:https://www.facebook.com/finalfantasyxvi/