公式Twitterアカウントのフォローをお願いします

G123『ガールズ&パンツァー 最終章』×『ビビッドアーミー』のコラボが開催決定!

ゲーム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

CTW株式会社はゲームサービスG123にて配信中の「ビビッドアーミー」において、『ガールズ&パンツァー 最終章』とのコラボが決定したことを発表した。

スポンサーリンク

コラボイベント概要

『ガールズ&パンツァー 最終章』のキャラクターが登場!
ユーザーアンケートでもコラボ希望作品で常に上位だった「ガールズ&パンツァー」シリーズとの待望のコラボが実現!コラボ期間中、「西住みほ」「ダージリン」「ケイ」「アンチョビ」「カチューシャ」「西住まほ」「西絹代」「ミカ」「島田愛里寿」「マリー」の10人が英雄スキンとして登場!ビビアミユーザーの熱意に応え、ゲームに登場するキャラクターの数はこれまでのコラボ中、最多となっている。

キャラクター紹介

『西住みほ』

大洗女子学園戦車道チームの副隊長であり、Ⅳ号戦車H型(D型改)に搭乗するあんこうチームの車長。西住流戦車道家元である西住家の次女。第63回戦車道全国高校生大会に引き続き、学園の存続を懸けた大学選抜チームとの試合を勝利に導いた。ほんわかした性格だが、いざ事に臨んでは西住流の枠を超える臨機応変な戦術でチームを纏めあげる。

『ダージリン』

聖グロリアーナ女学院3年生。車長。聖グロリアーナの隊長として戦車チーム全体を率いる。高飛車なもの言いが特徴。

『ケイ』

サンダース大学付属高校隊長。開放的で明るい性格。そのポジティブさでチームを一つにまとめる。

『アンチョビ』

アンツィオ高校戦車道チームの隊長。陽気できままなチームメンバーたちに手を焼きながらも上手く纏めている。メンバーから強く慕われており、「ドゥーチェ(統帥)」「姐さん」と親しみを込めて呼ばれている。本名は安斎千代美だが、「アンチョビ」の方を好むらしい。P40の車長。大学選抜チームとの試合では、二人乗りのCV33に三人目として無理やり乗り込んだ。

『カチューシャ』

プラウダ高校チーム隊長。身長は低いが発言はいつも上から目線で、小さな暴君と呼ばれる。

『西住まほ』

若くして西住流戦車道の後継者として頭角を現している、みほの姉。黒森峰女学園チームの隊長を務め、国際強化選手としてメディアで取り上げられることも多い有名人。ドイツへの留学が決まっている。

『西絹代』

知波単学園戦車道チーム隊長。情に厚い熱血タイプだが、人の言うことをよく聞かず早合点してしまう面も。知波単学園伝統ということで「吶喊」の命令を下すことも多い。しかし、その攻撃の有効性には内心疑問を感じており、福田の意見具申にも耳を傾ける。

『ミカ』

継続高校戦車道チームの隊長とBT-42の車長を務める。チューリップハットを愛用し、カンテレを嗜む。飄々として捉えどころがなく、思わせぶりなセリフで、周囲を煙に巻くことも。

『島田愛里寿』

大学選抜チーム隊長。大学まで飛び級した天才少女。戦車道流派のひとつ島田流家元の娘で、戦車道の指揮に天性の素質を持つ。ボコの大ファンで、試合前にボコミュージアムでみほと出会う。A41センチュリオンの車長を務める。

『マリー』

BC自由学園戦車道チームの隊長。おっとりとした性格で、試合中もケーキを食べているほどスイーツが好き。自身はエスカレーター組だが、外部生とエスカレーター組の対立を表面上はあまり気にしていない様子。フラッグ車のルノーFTの車長を務める。

コラボ限定イベント多数開催!

コラボ中、限定基地スキンとして作中に登場する大洗女子学園の「学園艦」を獲得が可能!さらに西住みほ率いる「Ⅳ号戦車H型(D型改)」は限定の進軍スキンとして登場します。また、世界ボスとして「巨大ボコ」がコラボ期間限定で出現!ほかにも「ガルパン」の世界観をモチーフにしたフレーム、ネームプレートなど、ここでしか見られないコラボアイテムを盛りだくさんでお届けします。

その他詳しい内容については、イベント開始まで今しばらくお待ちください。