公式Twitterアカウントのフォローをお願いします

古都・京都にポケモンマンホール『ポケふた』5枚が登場!伝説のポケモン「ホウオウ」の姿も!

アニメ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

本日、ポケモンのマンホール『ポケふた』が新たに5枚、京都府では初となる京都市にて、お披露⽬、設置された。
今回、設置された5枚の『ポケふた』には、『ポケットモンスター 金・銀』の旅⽴ちの3匹として登場するチコリータ・ヒノアラシ・ワニノコやピチュー、そして伝説のポケモンのホウオウたちが、京都の様々な景観をイメージして描かれている。

『ポケふた』は、1枚1枚がオリジナルデザインで、それぞれ世界に一つだけのマンホール。『ポケふた』は、今後何年、何十年にもわたり設置され続ける予定となっている。
すでに全国各地の150箇所以上に設置されている『ポケふた』と同様に、全国・全世界の多くの人に、ポケモンたちの魅力と京都市町の魅力を伝えるきっかけとなることが期待されている。

嵐山公園に設置された『ポケふた』
嵐山公園に設置された『ポケふた』
お披露目された『ポケふた』5枚
​お披露目された『ポケふた』5枚

また、設置された『ポケふた』は、順次、スマートフォン向け位置情報ゲーム『Pokémon GO』のポケストップになる予定。
※設置場所、設置予定日の詳細は『ポケふた』Webサイトをご覧ください。
https://local.pokemon.jp/manhole

ポケふたについて

2018年12月に鹿児島県指宿市に「イーブイ」のマンホールが設置されたのを皮切りに、現在、15都道府県に159枚の『ポケふた』が設置され、多くの人が『ポケふた』巡りを楽しんでいる(枚数は、京都市で新たに設置された『ポケふた』も含む)。
今後も、各地の魅力と一匹一匹のポケモンの魅力を国内外に同時に発信することを目指し、引き続きいろいろな場所に『ポケふた』が設置される予定。

全国のポケふた一覧

『ポケふた』ロゴ
『ポケふた』ロゴ

・鹿児島県指宿市:9枚
・岩手県:13枚
・香川県:17枚
・宮城県:35枚
・神奈川県横浜市:1枚
・北海道:19枚
・鳥取県:19枚
・福島県:9枚
・東京都町田市:6枚
・滋賀県大津市:2枚
・宮崎県:9枚
・新潟県小千谷市:4枚
・奈良県斑鳩町:5枚
・東京都小笠原村:4枚
・青森県:2枚
・京都府京都市:5枚
合計:159枚